チャンピックスを通販でなく、病院で処方してもらう場合のメリットとデメリット

医師のグッドサイン確実に禁煙をするために、チャンピックスを利用しようと考えた場合。

チャンピックスを手に入れる方法は、2つあります。

既に、説明しているとおり病院での処方と通販(個人輸入代行)の利用です。

 

ここからは、そんな疑問を解消してもらうために、

病院で処方してもらうメリットやデメリット、通販を利用した場合のメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

先ず多くの人が第一の選択肢としてあげる、病院でチャンピックスを処方してもらう場合のメリットやデメリットについてみていきましょう。

 

病院を利用するメリットには

・保険が適用される為、通販に比べて安い

・医師の診察を受けながら禁煙を進められる

・チャンピックスの服用について問題がないかといったことや、用法用量を把握できる

・何か問題があったときにすぐに相談することができる。

 

などのメリットがあります。

これらの中でも、特に大きなメリットとなっているのはやはり、料金の安さでしょう。

保険が適用されない医薬品の場合は自由診療扱いとなってしまって、かかる費用は非常に高額になってしまいます。

保険が適用されることによって、医療費の負担は3割に抑えられるのでその分安く済ませられるというワケです。

しかし、チャンピックスは3割負担でも、継続しての服用が必要になるので、それなりの費用負担が必要になることには変わりません。

 

そうした安さの面でのメリット共に、チャンピックスの服用方法や飲み合わせ的に問題がないかといったものを、医師の診察を受けることでハッキリさせることができるのもメリットと言えるでしょう。

通販を利用した場合には、こうした部分は全て自己責任の元、全て自分で判断を行う必要があります。

 

また、定期的に検診を受けるような形にもなるので自分独りで禁煙を進めるのではなく、医師のバックアップを受けながら禁煙を進めることができるというのも、メリットといえます。

 

これらのメリットとは逆に、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

 

病院でチャンピックスを処方してもらう場合のデメリットには

・処方してもらいに足を運ぶ必要がある

・チャンピックスを処方してもらうのに条件がある場合がある

・診察費用が必要になる

 

といったことがあげられます。

時間的に余裕がある場合には、処方をしてもらうために足を運んだり診察を受けることは特に大きな問題になることはありません。

しかし、毎日仕事で忙しくしているというような場合、貴重な休日を診察に費やしたりする必要が出てきますし、病院によっては仕事が休みのタイミングは休診していて診察自体を受けることができないといったケースもあります。

 

また、病院によってはチャンピックスを使った禁煙に失敗して期間があまり経っていない人にはチャンピックスを再び処方してもらう事ができないというケースもあるため、事前に確認しておく手間が掛かったりします。

 

定期的に時間を作れるといった時間的な余裕が必要になるので、そうした部分が問題にならないという場合には、チャンピックスを病院で処方してもらうというのは、非常に有効な禁煙への第一歩となってくれるでしょう。

 

チャンピックスを通販で購入する

チャンピックスのパッケージ世界初の禁煙治療薬のチャンピックス。

刺激作用と拮抗作用の2つの作用で喫煙に対する欲求を抑えながら自然と禁煙が可能です。

これまで、他の禁煙法で失敗したことがあるという人でも、チャンピックスを使って成功しているというケースは珍しくないので、禁煙を考えているという人は一度試してみるとよいでしょう。

 

チャンピックスの購入はこちら