通販で購入できるチャンピックスが喫煙欲求を抑えてくれる理由とは!?

薬を飲む様子チャンピックスが喫煙欲求を抑える効果があると言われても、なぜ欲求を抑えることができるのか?そこがハッキリしないままではその効果も確かなものなのか信じることができないという人もいるでしょう。

 

これを書いている私自身も、実際にチャンピックスを使って禁煙を行うまではそういう疑念を抱いた一人でした。

ただ、喫煙の欲求を抑えられると言ってもにわかに信じられるわけがない。

これまでに、何回か禁煙を試みてきたものの、失敗しているという経験もあるのでその疑念は余計に強いものであったと言えます。

しかし、実際にチャンピックスを使ってみると、自然と禁煙することができました。

 

ここでは、このチャンピックスを使ったときの効果について紹介していきます。

 

チャンピックスの作用は2つあります。

・刺激作用

・拮抗作用

と呼ばれる作用で、それぞれがそれぞれの役割を持っています。

 

先ず、人がタバコを吸ったときの体の中の反応を知っておく必要があるので、そこから説明していきます。

人がタバコを吸って、ニコチンを摂取することでニコチン受容体と呼ばれる受け皿にニコチンが入ります。その結果、ドーパミンと呼ばれる神経物質が放出されます。

そうすると、幸福感や満足感を感じることができるのです。

これがタバコを美味しいと感じてしまう要因となっています。

 

そして、この幸福感や満足感をもう一度得ようと、タバコを吸いたくなるわけです。

タバコを吸って快感を得る。そして再び快感を得ようとタバコを吸う。

この連続から抜け出せなくなることによって、ニコチン依存と呼ばれる状態へと繋がっていくわけです。

ニコチン依存になることの弊害は、タバコをやめられなくなるだけではありません。

禁煙を行う事によって、離脱症状と呼ばれる症状があらわれます。

イライラしたり、タバコを吸っていないとやってられないといった症状が出るわけです。

こうした離脱症状が出るからこそ、一度ニコチン依存に陥ってしまうとなかなか禁煙ができないのです。

 

通販で購入できるチャンピックスを使う事によって、幸福感や満足感といった快感を得ながら、離脱症状を低減させていくことができます。

 

チャンピックスの有効成分である「バレニクリン」は、ニコチン受容体に入る性質があります。

そのため、ニコチン受容体が刺激を受けて、ドーパミンが放出されます。

このニコチン受容体を刺激してドーパミンを放出させるのが、最初に説明した作用の一つ、刺激作用になります。

 

ただし、この刺激作用で放出されるドーパミン量は少ないといった欠点があります。

ですが、タバコを吸ったような幸福感や満足感を少しでも得ることができるので、離脱症状が起き辛くなります。

 

そして、拮抗作用というのはバレニクリンがニコチン受容体に入り込むため、後からタバコを吸ってニコチンを摂取しても受容体には既にバレニクリンが入っているのでニコチンが入ることができずに体外へと排出されます。

ニコチンが受容体に入り込んでドーパミンを放出しなくなるので、本来タバコを吸って得られていた幸福感や満足感を得ることができなくなるのです。

これで、タバコを美味しいと思わなくなってしまい、自然とニコチンの依存が解消されていき、自然と禁煙ができるわけです。

 

チャンピックスを通販で購入する

チャンピックスのパッケージ世界初の禁煙治療薬のチャンピックス。

刺激作用と拮抗作用の2つの作用で喫煙に対する欲求を抑えながら自然と禁煙が可能です。

これまで、他の禁煙法で失敗したことがあるという人でも、チャンピックスを使って成功しているというケースは珍しくないので、禁煙を考えているという人は一度試してみるとよいでしょう。

 

チャンピックスの購入はこちら